妊婦健診公費負担回数の拡充

平成21年4月1日より妊婦健康審査の公費負担回数が14回に拡充されました

1)対象者

 ①平成21年4月1日以降に母子手帳交付を受ける妊婦

 ②4月1日以前に母子手帳の交付を受けた妊婦で4月1日以降に妊婦健診受診予定の妊婦

2)受診票交付方法

 対象者①:母子手帳交付の際に受診票を交付されます

     ②:4月1日以降市役所子供課窓口で追加交付申請し追加交付されます

  (新しい受診票に取り替えますので今までの受診票は使用できなくなります)

3)検査項目について

 今回の制度は健診にかかる費用の全額を助成するものではなく、健診費用のうち妊娠週数に応じた受診内容の検査項目について助成するものです。

それ以外の指導内容や検査項目は自己負担となります。



関連記事