○妊娠と飲酒

妊娠中に大量にアルコール類(ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなど)を飲み続けると生まれてくる赤ちゃんが低出生体重児(2.500grより小さい)である可能性が高くなります又ごくまれに赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」といわれる病気にかかってしますことがあります。
*妊娠前~中期は少しがまん、妊娠後期もたしなむ程度にとどめましょう。
今まで飲んでいた妊婦の方もこれから気をつければよいのです。



関連記事