○性感染症

主にセックス(性交や性交に類似した行為)によってうつる病気を性感染症(STD) といいます。細菌・ウイルス・真菌・・クラミジア・原虫・しらみなどの病原体が精液や膣の分泌物、血液陰毛などを介して感染します。多くの場合、おりものの量が増えたり、色や匂いが変化したりなどがみられますが、無症状のこともあります。また、2種類以上の病原体も感染する混合感染を起こす事もあります。性感染症(梅毒、淋病、エイズ、クラミジア、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、B型肝炎)は若い男女を中心に急増しており、女性の不妊の原因となったり、妊娠・出産によって次世代の子供に感染するなど大きな問題となっています。

*あなたへの一言
 多くの女性はその生涯のどこかで膣炎を経験します。成人女性の1/3は膣炎にかかったことがあります。膣炎は不快でいやなものですが、治療すれば治るのです。その症状をがまんする必要は少しもありません。治療は病気の初期にすれば、一番効果があるのです。適切な治療によって、膣炎の心配はなくなり、再び快適な生活を過ごせます。



関連記事