○更年期障害

更年期は45歳頃より55歳頃までの約10年間(閉経前後の10年間)で子供のひとり立ち、両親との別れ、夫婦間の問題など周りの環境が大きく変わり、又自分自身の健康不安などストレスの多い年齢と考えられ、この環境変化によるストレスと更に卵巣機能の低下による女性ホルモン欠乏によって起こる不定愁訴を更年期障害といいます

*簡略更年期指数

  img_si.gif

←クリックで拡大

   (pdf ファイル)



関連記事